読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キコの台所

パンと粉もの 料理教室

食パン型

マメ知識


型にショートニングを塗って、生地を入れて、仕上げ発酵。
そして、焼成
オーブンから出して、喜びと共にパンを出そうとしたら、、、
出てこない・・・、なんて経験はありませんか?

念のために、厚めに塗ってもダメ。
それは、型と油の馴染みが悪い状態になっています。

今日は、そんな時の対策についてです。

① 250℃のオーブンで型を10分カラ焼きする。
② オーブンから型を出し、すぐに(熱いうちに)
ショートニングを塗る。

ショートニングをつけた布を箸で持って塗る。
又は高温に強い刷毛にショートニングを付けて塗る。

③ ①と②を2、3度繰り返す。

☆2度目以降は、オーブンで型を役と油から煙が
出ることがあります。
作業は換気や匂いに気をつけて行いましょう。

☆二重の軍手や厚手のミトンを用意し、
くれぐれも火傷には注意しましょう。

型と油が馴染んでいない状態は、
型からパンが出てこないだけではなく、
実は仕上げ発酵の時の生地の伸び、
滑りが悪い環境になっています。

一生懸命捏ねたパン生地です、美味しく焼き上げたいですね!