読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キコの台所

パンと粉もの 料理教室

バスクの食堂

本や雑誌で有名なフードコーディネーター、
料理家の長尾智子さんの「わたしとバスク」
という本に載っているお店。
シェ パブロへ。

どこで何を食べたらいいのか、
分からなかった1回目の旅行では、
毎日のように通いました。

家族経営の温かいお店。

数年前よりも、店内が改装されて明るく、
お皿の雰囲気や盛り付けも、少し変わって
いました。
素朴でかわいい。

バスクのお皿に盛られた、生ハムのオムレツ

メルルーサのピカタ

私はこれが大好きです。

塩鱈のほぐし身を詰めた赤ピーマン
赤ピーマンとトマトのソース

ガトーバスク


次の日も行ってみました。

そうしたら、いきなりサングリアとお通しが!
しかも黒いかっこいいお皿で。

オススメされたピンチョスのプレート

塩鱈の赤ピーマンのソース
白いごはん添え

ごはんをソースに絡めても美味しい。


バスク料理の家庭の味は、
きっとこんな風なのだろうなぁと思える、
優しく素朴な料理のお店です。
お皿と盛り付けが、前とずいぶん変わって
出てきたのは驚きましたが、
味はそのままで、安心しました。