読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キコの台所

パンと粉もの 料理教室

クリスマスのお菓子

お菓子のこと パンのこと

12月にドイツのお土産で頂いた
フルーツのパン、それから、12月に焼いた
シュトレン。

そろそろ食べ納めです。

バスク旅行から帰ってから、少しずつ頂いて
いました。

ドライフルーツとナッツがたっぷり。
よく見たら、パッケージに
「51%のフルーツ入り」と書いてありました。
シュトレン同様、フルーツがたくさん入った
贅沢なお菓子です。

白い小麦粉を使って、茶色はカラメルが
入っているようです。

ドライいちじく、サルタナレーズン、
ヘーゼルナッツ、アーモンド、レモンピール、
量も種類も、たくさん入っています。

ちょうど明日か、明後日くらいが、
クリスマスが終わる日です。
日本でも鏡開きがあるように。

その日に食べるもの。
バスクの街、サンジャンドリュズの
パン屋さんで買った「クーロンヌ」
という菓子パン。
12月に、すでに売っていました。


中にはフェーブという陶器で作られた、
小さな人形が入っています。

リング状のパンのどこに入っているのか、
外からは見えません。
なので、家族で切り分けて、自分の一切れに
入っていた人には、幸運が訪れる、
とも言われています。

せっかくなので、洗って持って帰って
きました。
今年の幸運のお守りにします。