読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キコの台所

パンと粉もの 料理教室

食べたもの いろいろ

フランス リヨン 2016 日々のこと 料理のこと

リヨンは「美食の街」と言われているので、
たくさんの飲食店があります。

たくさんあり過ぎて、どこに入ったら
良いのか迷ってしまいます。
でも美食の街のレストランの食事が、
どこで食べても必ず美味しい、
というわけではなく・・・。
かなり慎重に下調べして、昼間の観光の
ついでに、お店の前をウロウロして、
お客さんの様子を伺って。
ここは行ってみたい!と思えたら、
その場で予約、そして食べに行きます。

そこまでしなくても、とは思うのですが。
バターをしっかり使った料理や、
濃厚なソースが使われているので、
お店選びを間違えると、
けっこうお腹に負担がきます。


中心街にありながらも、お値段も良心的で、
雰囲気も優しい感じだったお店。
L'ACTEUR


☆酢漬けニシンの入ったサラダ


☆サラダ リヨネーズ(リヨン風のサラダ)
ポーチドエッグ、ベーコンを炒めたもの、
その脂で揚げ焼きしたパンが入ってます。


☆牛肉のタルタル
魚のお刺身は食べられるけれど、
牛肉は焼いたほうが好きです。
今までなんとなく食べられなかったけれど、
この後、別のお店で挑戦してみました!


☆牛肉のステーキ
霜降りが美味しいという文化ではないので、
肉を食べてる!という感じになります。


☆プラリネのタルト
リヨン名物なので、パン屋、ケーキ屋、
レストラン、どこに行ってもあります。
真っ赤ですが、アーモンドのキャラメルを
タルトに詰めたお菓子です。
ものすご〜く甘くて、しかも大きいです。
ここのお店のは美味しくて、
完食できました。


1日に行ったわけではなく、別の日の食事。
お昼は会社員風の人たちで賑わっている、
Les Adrets


☆カリフラワーのピュレと
フロマージュブランのアミューズ


☆エスカルゴのラビオリ仕立て
大きなラビオリにエスカルゴと
マッシュルームが入ったもの


☆エビ、ジロール茸、チーズを詰めた
小さなラビオリ、ネギ、グラタン皿の中に、
実はいろいろ入ってます。
表面の焦がしたネギが良いアクセント!


☆白身の魚とリゾット
上にはトリュフオイルを和えた葉っぱ。
これも、実は中にいろいろ入っていて。
一番底には、絶妙な柔らかさのリゾット、
次に白身の魚、そして軽く感じさせる
クリーム系のソースがかかっています。


☆白身魚のクネルとエビ
リヨンで食べてみたかった美味しいクネル、
やっと出会えました。
ふわふわのクネルの小さなものと、
エビとマッシュルーム。
入れ物になっているパイも、サックサク
でした。


☆クレームブリュレ


☆フォンダンショコラ


せっかくの旅行なので、なるべく入らない
ようにしている日本の料理屋さん。
今回はしっかりフランスらしい料理が
多いので、お腹を休めるために入って
みました。
日本人経営で、スタッフも日本人でした。

今年の夏初めての冷やし中華。
鶏ハムの薄切り、こんな風にも使える
んだなぁ、と思いました。
サラダの葉っぱ、ミニトマト、さっぱり
美味しかったです。